毛の周期って、何だろう??

人間の体毛は人種・年齢等で個人差がありますが、およそ500万本生えていると言われています。しかし、実際に肌表面上に生えてきている毛は、約2~3割(150万本前後)程度で、残りの約7割の毛は皮膚の中に眠っている状態にあります。

この『表面上の毛』が抜け落ちて、『眠っている毛』が生えてくる。そしてその毛がまた抜け落ちて、また生えてくる。全ての毛がこの繰り返しを行っています。髪毛を例に想像してみると分かりやすいかと思います。

このサイクルのことを毛周期と呼びます。そしてこの周期は、大きく3種類に分かれます。

  1. 成長期毛乳頭に血液や栄養素が送られ、活発に細胞分裂が繰り返されます。皮膚の表面に毛が生えてくる時期が「成長期」です。
  2. 退行期:血液や栄養素が送られなくなった毛乳頭は活動が止まり、毛は自然と抜け落ちていきます。
  3. 休止期退行期の後、毛はしばらく体内で活動休止状態に入ります。この時期が「休止期」です。

毛周期ホルモン分泌によって変化します。女性であっても、「男性ホルモン」が多く分泌されるほど、毛は早く・多く生えてくるのです。

肉眼では見えない程の無数の毛穴でこのサイクルがバラバラに行われているので、常に一定の毛量がたもたれているように見えるのです。「光脱毛」の光はこの中の「成長期」の毛のみに反応していきます。

ですので、1回の脱毛では体内で眠っている毛がまた生えてくるのです。

女性専門の脱毛サロンでは、お客さん一人一人の毛量・ホルモン量を見極めて、その方の毛周期に合わせたベストな来店ペースを提案しています。

まずは、無料カウンセリングへ行って、脱毛のプロ・カウンセラーに相談してみましょう!