脱毛方法の種類

  1. ニードル脱毛

    ニードル脱毛は、脱毛方法の中で最も古くからある方法です。電気針を用いて脱毛を行うため、「電気脱毛」とも呼ばれます。

    毛根に電気針を刺し、電流を流して脱毛していきます。電気針を皮膚に刺すため、「強い痛み」が伴いますが、世の中にある脱毛方法の中で一番効果が高いと言われています。

    毛1本1本に対して行う作業となりますので、多大な時間期間を要します。毛が密集している顔ひげや全身をニードル脱毛で行うにはかなりの時間がかかってしまいます。

  2. レーザー脱毛

    レーザー脱毛は、病院や美容外科等の医療機関で行われている脱毛方法です。別名、医療レーザー脱毛とも呼ばれます。

    強いレーザーを皮膚に当てていき、毛根にダメージを与えることで、脱毛します。レーザーの出力が非常に高いため、脱毛効果が高いことが特徴です。

    しかし、その効果に比例して、強い痛み皮膚への負担がかかり、ヤケド・腫れ・ただれなどの肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。単一波長でレーザーの照射範囲が狭いため、ひげ脱毛に適していますが体毛の脱毛には長い時間を要します。

  3. 光脱毛

    光脱毛の基本的な原理はレーザー脱毛と同じです。光を毛根ではなく、「毛」そのものに当てていき、脱毛をします。レーザー脱毛に比べて、出力は低くしていますので、脱毛効果は劣ります。

    それに比例し、皮膚へのダメージが抑制されており、痛みが少なく肌トラブルの可能性が低くなっております。つまり、安全な脱毛方法だといえます。

    毛を細く抑毛していくことが可能で、自然な脱毛ができることが特徴です。複合波長で、1度に広範囲の脱毛が可能であるため、施術時間が短く顔から体毛まで全身の脱毛に適しています。