レーザー脱毛とは?効果ある?

「ムダ毛」に長年悩まされてきた女性が、様々な脱毛方法をお試しになった後で、最終的にご検討されることが多いのが、レーザー脱毛です。 基本的には、脱毛サロンで継続的に処理をすることになるため、ハードルが高いと感じられる方もいらっしゃるようですが、お手頃な価格帯で施術できるように変わりつつあることから、徐々にご利用される方が増えてきています。

ここでは、「レーザー脱毛に興味があるけれど、自分には敷居が高いと感じている」という方や「実際どのくらい効果があるのかな?」と、関心をお持ちの方のために、レーザー脱毛の仕組みや効果、回数についてご紹介させていただきます。

レーザー脱毛とは

「レーザー脱毛」とは・・・よく耳にする言葉だと思いますが、一体どのようなものなのでしょうか?

レーザー脱毛とは、主に医療脱毛で使用するレーザーを、脱毛したい部位に照射することで、毛根にダメージを与える処理方法のことを指します。 光を使用したレーザーには、一般的にアレキサンドラレーザー、ダイオードレーザー、YAG(ヤグ)レーザーなどがあります。

レーザー脱毛に対して、サロンやエステ脱毛で一般的な手法が、フラッシュライトを用いて脱毛する光脱毛という方法です。ところで、「光脱毛」は、光を照射することによって、毛根のメラニンを刺激し脱毛を促す仕組みです。レーザー脱毛との違いは、脱毛に使われる光の波長であり、光脱毛では幅広い波長の光が使われています。

レーザー脱毛は、埋没した毛にも効果はあるの?

手軽にムダ毛を処理できるレーザー脱毛。しかし・・・皮膚の中に埋もれて伸びている「埋没毛」に対しても、効果はあるのでしょうか?

  • 埋没毛とは

「埋没毛」とは、皮膚の内部にムダ毛が埋まり、皮膚の内部で伸びている毛のことを指します。主に毛抜きによるムダ毛の自己処理などが原因で発生する傾向にあり、毛根細胞再生時に毛穴が塞がっている場合などに発生します。 脱毛処理の際に毛穴や皮膚が傷ついている時には、特に起こりやすい症状です。自然に治癒することがある一方で、数年たってもムダ毛が埋もれたままというケースも見受けられ、一度出来てしまうと厄介な存在です。

  • レーザー脱毛の埋没毛に対する影響

埋没毛が出来てしまった段階で、自らムダ毛の処理をしようとしても毛穴の奥側を処理する必要があるため、ケアすることが難しい傾向がありますが、レーザーや光脱毛を用いれば、毛穴の毛根細胞レベルでの埋没毛の処理ができます。 ご自身で手に負えない埋没毛があるようでしたら、レーザー脱毛は解決方法として効果的といっても過言ではないでしょう。

レーザー脱毛の部位別効果と回数の関係

「レーザー脱毛」で十分な効果を出すためには、脱毛サロンでの施術が一般的です。 しかし「サロン」という言葉を聞くと、「何だか高そう!」というイメージをお持ちの方も多いと思います。ですが最近では脱毛サロンの普及や技術の高まりによって、かなりお手頃な価格帯で施術が受けられるようになってきました。

施術頻度は毛が生え変わる毛周期に合わせて、1〜2ヶ月に1回。施術を受ける方の肌状況や部位にもよりますが、早い人で施術から3ヶ月、平均的には半年~1年程度でその効果を感じることが多いそうです。 無料相談・無料カウンセリング体験脱毛なども行っているので、もし気になる部位がある方は、一度お近くのサロンに足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

光脱毛とレーザー脱毛の違い

「光脱毛」「レーザー脱毛」という言葉をよく耳にしますよね? 一般的にサロンで利用されているのは「光脱毛」の方です。レーザー脱毛と比較して光を広範囲に照射できる点や、少ない痛みで脱毛できる点などが、「光脱毛」のメリットとして挙げられます。

サロンでの脱毛では、「光脱毛」が広く普及しており、複数の波長によって出される光を広範囲に照射することで、ムダ毛が生えている「毛根」にダメージを与えるというメカニズムになっています。 一方、この光脱毛と比較されることが多いレーザー脱毛は、特定の波長を反射させてレーザーを照射する仕組みです。 光によって毛根にダメージを与え、脱毛処理を施すという点では光脱毛と同様ですが、レーザー脱毛は照射範囲が小さいため、もし広範囲で脱毛したいときには回数を重ねることが必要になります。

また痛みの面でも、レーザー脱毛は光脱毛よりも痛みを感じやすい傾向にあり、脱毛初心者が施術を受ける際にはハードルが高い方法と言っても良いでしょう。 費用面でも、レーザー脱毛を扱った医療脱毛は、光脱毛を使ったサロン脱毛よりもコストが高くなることが多いです。